ようこそ

認知症、脳ドック のことなら当院へお気軽にご相談ください。

動脈硬化検査

両手・両足首の血圧を同時に測定して解析し、動脈硬化の進み具合を調べる装置です。危険因子(喫煙、生活習慣病、肥満など)がある人は、ご自分の年齢の平均値よりもどの程度動脈硬化が進んでいるかも知ることができます。動脈硬化は、脳卒中に非常に深く関連します。また、動脈硬化は治療で治る、というのが最近の医学的見解です。
当院で使用しているコーリンメディカルテクノロジー社製フォルムは、短時間で、痛みや侵襲することなく動脈硬化の度合いを調べることが出来ます。

動脈硬化検査の紹介


超音波検査装置(頚部エコー)

超音波検査(頚部エコー)は、プローブという装置を頚部にあてて超音波を発し、反射された超音波を画像化して診断する機器を用いて頚動脈(内頚動脈、外頚動脈)を検査します。頚動脈は、脳に血液を送るとても大事な血管です。動脈硬化が進むと血管が肥厚、狭窄し、さらには閉塞してしまうこともあります。
この検査では、頚動脈の動脈硬化の程度、血管の肥厚、狭窄の度合いを視覚的に評価することができます。また、カラードップラー法では、断層エコー図上に血流をカラー表示でき、血管の狭窄や閉塞によって起こる血流の乱れを調べることが出来ます。

超音波検査装置

 

その他の測定装置

心電図
心臓から発せられる電気信号を記録し、脳塞栓症の原因となる不整脈(心房細動)など、心疾患の有無を調べます。携帯型心電計を装着して日常生活中の心電図を24時間連続して記録するホルター心電図もあります。
脳波
大脳機能検査装置脳神経細胞から発生する電気信号を記録した大脳機能検査です。てんかん、意識障害、睡眠障害などの診断に有用です。
当院では、安静時の一般脳波の他、聴性脳幹反応検査(ABR)、体性感覚誘発電位(SEP)といった検査も行っており、末梢神経から脳幹、大脳皮質に至る神経系の機能を検査し、脳卒中の病態把握や、予後予測のための補助診断法として活用しています。

脳波検査

 

http://shimada-noushinkei.com/ · shimada.neuro.cli@leaf.ocn.ne.jp

Copyright © 2015 · All Rights Reserved ·