ようこそ

認知症、脳ドック のことなら当院へお気軽にご相談ください。

リハビリ部門の紹介

当院リハビリ部門には、理学療法室・作業療法室・言語聴覚室があります。病気・ケガなどで生じた機能障害を可能な限り回復させ、それぞれの生活の場に必要な治療・指導・援助を行っています。
また、退院前にご自宅へ訪問し、家屋改修や福祉機器の相談、家族への介護指導などを行います。退院後の訪問リハビリも当院では実施しております

リハビリ部門の紹介


理学療法

立つ・歩くといった動作を、円滑に行えるように運動療法を実施しています。また、痛みに対しての低周波治療・温熱療法といった物理療法も行っています。エルゴメータ(自転車)、歩く練習に使う平行棒、段差訓練に使う踏み台など数多くの器具も揃っています。中でも物理療法で使用する主な機械を紹介します。

理学療法

 

作業療法

さまざまな器具や手芸などの作業を通して、機能回復を促します。また、日常生活で必要な動作(食事・歯みがき・着替えなど)を、それぞれの方に合う方法を指導・練習します。

作業療法

 

言語聴覚療法

脳血管障害等により言いたい言葉を思い出せなくなる、相手の話している内容を理解できなくなる、文字の読み書き・計算がスムーズに出来なくなる、などの症状の失語症、口唇や舌などが麻痺して発音が上手く出来なくなる構音障害など、様々な原因でコミュニケーション能力に支障をきたした方や、食事摂取・飲み込みに支障をきたす摂食・嚥下障害を呈した方に対してリハビリを行っています。
今まで当たり前に出来ていた「しゃべること」「食べること」が出来なくなることは、言語機能そのものだけでなく、精神的にも影響を及ぼし落ち込みや苛立ちなどの大きなストレスを伴います。言語機能、摂食・嚥下機能への「機能」へのアプローチと同等に、心理面への援助も大切に考えて行っています。

言語聴覚療法



http://shimada-noushinkei.com/ · shimada.neuro.cli@leaf.ocn.ne.jp

Copyright © 2015 · All Rights Reserved ·